YuSan's Garage

I want to have a strong tech, but not only it.
I also want to be a strong human.

Published: 24 Jul 2018

Latest Updated: 04 Sep 2018

Jekyll 初ポストですどうも。使用感とか書きました。


Jekyll は 3番目のブログサービス


ゆ〜さん です, Jekyll初ポストです。

僕は非常に飽きっぽいので、Seassa, はてブ と 2年近くで鞍替えし、そしてさらには はてブから Jekyll へ移行するというもうなんというか。(そしてさらに「Qiita」もやってるんですよね〜、1ポストもせずアカウント作っただけ飽きた。)

ちなみに、まだはてブは生きてます。
http://yu-yu-nisshi.hateblo.jp/

さて、今回は、このブログを作ったのでその動き・仕組みについて簡易的に書いて行こうかと思います。

テストポスト兼ねてるんでテキトウな事ばっかです

仕様


なにせこういうの自分で作ると仕様を結構自由に決められまして。
楽なのかめんどくさいのかは人によるんでしょうけど僕は結構面白いですよねっていうタイプです。楽しい。

自分のお部屋を自分の好きなように改造するみたいな?

なんで仕様の自慢紹介をします。(自慢できるほどすごくはない)

基本の環境

JekyllMD僕が作った独自 Theme に沿ってHTMLデータを生成し、 Github Pages でホスティングして公開っていうわけです。

SCSS 使用で、 Bootstrap 使ってます。
Bootstrap 有能すぎる。デザインはバカな自分でもこんなのがすぐにできる。

今後、独自ドメインの設定をしても良いかなーとも思ってますけど、
github.io ってなんか the プログラマ って感じでカッコよさそうなのでそのままにしようかなーとも。

通常ページとブログ

これは通常ページとブログに分けてあるんですよね。

  • ページ → いつか(いつだかわかんないけど)素晴らしい大作ができたときの紹介ページとか、WPで言う所の固定ページ?ルートディレクトリ直下風のURLでアクセスできるようにしてる。
  • ブログページ → 記事用。URL は /2018/07/20/post-name みたいな感じで生成してくれる。

これ使えば色々と活用できそう。

ナビゲーションバー とか簡単に決めれるんですよ

csv で定義するだけでナビゲーションバーの表示とか決めれる。

手打ちHTMLじゃないんです、万歳。

Jekyll Admin っていうのがある

WPみたいな感じの管理画面があるんです。

簡易的ですけど、結構な機能のあるエディタ(Tiny みたいなやつ)が付いているんで、重宝するかも。

あと、これはオフラインのみでしか起動しないので、なんだろうかセキュリティ的なこととかは厳しくなるのでは、 とかなんとか。

あと、間違って ⌘ + S っていつものエディタの使用感で打ってしまっても忌々しいHTML保存のダイアログ表示じゃなくて、
開いてる MD の保存してくれる。素晴らしすぎだろ。

独自 Theme ってやつ簡単に使える

独自Theme 、簡単。

そのままプロジェクトファイルに突っ込んでも良いし、
remote-theme という機能使って別リポジトリに切り出して、
設定で指定するっていうのでも適用できる。

最初は別リポジトリに切り出した方が管理しやすいかなって思ったんですけど、
やってみるに改めて、同じリポジトリにぶち込んだ方が開発の効率が高くなるのでやめました。

管理のしやすさ以前に、Themeの更新するたびに、
git commit して、 git push して jekyll s してだなんてめんどくさい。

なお、Theme 開発は本当に簡単。
タグや変数が直感的かつ分かりやすいのでもう嬉しすぎ。

あと、 Latest Updated 的な機能があったら最強だと思った。
今は git の機能使って云々やってるけど。

(まあデザイン方面は疎いので丸ごと Bootstrapさんに投げちゃってますけどね^^;)

使用感


ブログを頻繁に更新しない身にとっては結構使いやすいかも。

Git 管理できる っていうところと、オフラインでも確認とかできる点 が素晴らしいんですね。

はてブだとプレビューとかはオンラインが基本じゃないですか。

最後に


ま、テストポストの意味合いも入ってるんで面白い内容ではないですけど、結構使いやいですね。

次の鞍替えはいつだろうと思案しつつ。